笑顔の女性

比較サイトを使う

低金利な教育ローンを探すときに使えるのは、比較サイト。国や銀行、労働金庫などさまざまなところで組むことができる教育ローン、それぞれを比較できるので参考にしてみましょう。

Read more
電卓と紙幣

「審査」で決める

ローンを組むときに必ずある「審査」が、教育ローンでも存在します。「低金利なところを探す」ことだけでなく、国や銀行などそれぞれの審査方法や審査期間も念頭に入れて探しましょう。

Read more
腕を組むスーツの女性

体験談をチェック

実際に教育ローンを利用している人たちの体験談を載せている、そんな情報サイトもあります。「低金利なローンで助かった」など、さまざまな立場の話を見ることができます。

Read more

教育ローンを使おう

ハート型になっている紙幣

銀行系カードローンの比較はこちらから確認出来ます。人気のサービスをチェック出来ますよ。

お子さんに、できれば最高の教育を受けさせてあげたい。でもそれもなかなか難しい……ということで頭を悩ませている親御さんは多いかと思います。
大学や専門学校まできちんとやって、子どもが夢を叶えるお手伝いをしてあげたい。しかしそれはタダで出来るものではありません。それなりの大学を出してあげるまでの教育費としてかかるお金は、一説によると2千万円ともそれ以上ともいわれています。
政治家はたまに思い出したように「大学まで学費を無償化します!」などということを言ったりしますが、現在のところ実現してはいませんし実現する頃にはもう遅い、という人が多いでしょう。

そんなときに利用できるのが、教育ローンというものです。
車を購入するときのカーローン、家を買うときの住宅ローンなどと同じく、金融機関からお金を借りて教育費を賄い(学校の学費など)、あとからお金を返済していくというのが教育ローンです。
ただし、たとえば教育ローンで1千万円を借りたとき、返済額も1千万円になるわけではありません。これまたカーローンや住宅ローンと同じく、返済する時には金利が付きます。いわゆる利子というものです。教育ローンを利用する時には、この金利について考えなければいけません。せっかくなら金利は安いほうがいい、すなわち低金利なほうがいいわけですが、金融機関によって高金利なところもあれば低金利なところもあるという状態になっているのです。
つまり、教育ローンを利用する時にはどの金融機関を選んでもいいというわけではなく、低金利のところを探して、そこのローンを利用すべきだということなのです。
しかし、どのように探せばいいのでしょうか?
ここではその方法をまとめています。ぜひ参考にしてみてください。